専有部分のリフォームをコントロールする必要性

Pocket

マンションでは、自分の家だからといって、各自が勝手なリフォームをしては、建物を傷める、あるいは隣や近隣に迷惑をかけることにもなる。極端な例でいえば、上下階の住戸を買って、室内エレベーターを取り付ける。
隣り合った2軒を買って壁を取ってしまう。これでは、建物の構造に影響を及ぼす。
そうでなくとも、床をフローリングにすると、下の住戸に音が響く等、迷惑を与えることから禁止されているマンションがある。

室内

このようなリフォームを禁止するかしないかは、各マンションの構造等によっても異なる。しかし共通して大切なことは、各家のリフォームが建物全体や周りの人々の迷惑にならないようにすることである。
そのために、管理組合として専有部分のリフォームをコントロールすることが必要となる。これは、各家で快適に愉快に暮らすことを阻むものではない。

お互いが快適に暮らすために、明らかに全体やまわりに不利益を与えることは事前に防ぐ必要がある。管理組合は全体の利益、共同の利益を守る権利がある。だから管理組合がコントロールするのである。いい換えると、専有部分のリフォームのコントロールは管理組合の共同管理の範囲でもある。


東京都というと,ビルが建ち並んでいて,自然があんまりなさそうなイメージがありませんか?
ですが、そんな東京にも,実は緑豊かなエリアがあるんです。
それは,国立市です。国立市の大学通りは,特に圧巻で,100本以上植えられた桜や紅葉に囲まれながら道を通ることができます。
その景観は街全体で守られています。条例があるため、街の景観は保たれており、その美しい景観を失うことはありません。
そんな国立市で引越しを検討しませんか?オススメのマンションがありますよ。それは,クリオレミントンヴィレッジ国立というマンションです。こちらのマンションは,高級賃貸マンションということもあって,防犯面でも安心して生活することができます。マンション周辺には,コンビニもあるため,深夜の買い物もしやすいです。
ぜひ,クリオレミントンヴィレッジ国立で生活しましょう!

港区で中古マンションを購入するなら、ゆりかもめ沿線で暮らしませんか。
ゆりかもめ沿線というと、お台場や青海など東京湾に浮かぶ人工島のエリアをイメージされる方が多いですが、都心に近い港区新橋・汐留・芝浦や、江東区有明・豊洲もゆりかもめが通るエリアです。
また、交通アクセスもりんかい線・首都高速台場線・湾岸線など、ゆりかもめ以外の交通網が通っているため、都心や羽田空港へのアクセスも意外と便利です。
お台場から羽田空港までは、湾岸線を利用して最短15分ほどでアクセスできるため、旅行や出張の時もわざわざ都心まで出て乗り換える必要がありません。
そんなゆりかもめ沿線には、多数の中古マンションが立地しています。
気になる中古マンションをぜひ見つけてください。

落ち着いた雰囲気の街で暮らしたい方に、津田沼エリアをお勧めします!
津田沼エリアは,緑も多く残っている土地で,町の雰囲気もなかなかよいエリアなので,落ち着いた暮らしを送るのに最適なエリアです。
また最近高級マンションの建設ラッシュがあったため,住みやすさがかなり進んでいっており,かなり暮らしやすい環境になります。また,地域の方によるパトロールが行われているので,お子さんがいる家庭や女性の方でも安心して暮らすことができます。
そんな土地で,物件を見つけてみませんか?津田沼エリアなら,安心した暮らしを送れること間違いなし。津田沼で土地を購入してマイホームを建てるのも良いですね。

コメントは受け付けていません。